会社設立年間いつでもいい?

会社設立01

会社設立する時期について気になっている方もおられるでしょう。
会社設立年間いつでもいいのか、ご紹介していきます。

これについては基本的にいつ会社設立してもOKです。
年間のこの時期でないと手続きができないといったことはありません。
春夏秋冬のいつでも、年間で自分が会社設立したいと思う時期があればそちらで手続きをするといいです。

ただ、基本的に年間いつでもいいのですが、曜日単位、週単位では不向きなタイミングがあります。
会社設立の手続きは公証役場や法務局などの役場の窓口で行います。
こちらは基本的に土日や祝日はお休みとなるのが基本です。
会社設立の時期は年間いつでもいいのですが、具体的に手続きをするときは平日の開庁時間内で手続きをするようにしてください。

これは週単位で見たときも同じです。
GWや年末年始など、週単位でお休みとなることもありますよね。
このときもやはり会社設立の手続きを進めるタイミングとしては不向きです。
実際に手続きをしようにも公証役場も法務局も閉まっているため手続きができないのですね。

このように年間いつ手続きをしてもOKですが、これから手続きをしようと思ったときは、その時期の近くにある土日祝日、大型連休などには注意してください。
もしこれら時期に重なったら、そのお休みの日がすぎた最初の平日に手続きができます。
このように多少の調整が必要な場合もありますが、基本的に会社設立年間いつでもOKです。

そして手続きに向いているタイミングがあるならそれが知りたいですよね。
どの時期でも手続きはできるものの、この時期が会社設立に向いているといったタイミングはあるでしょうか?

落ち着いて会社設立ができるのは自分が選んだ業種の繁忙期を避けた時期です。
繁忙期に重なると自分もかなり忙しくなりやすいですし、新規取引先の開拓をするときにも相手が忙しすぎてあまりうまくいかないこともあります。
その業種の繁忙期を避けて設立すると落ち着いて起業できますよ。

また、2~4月など世間的に人や企業がよく動く季節に重なって会社設立すると、手続きのための移動や、手続きする窓口などが混みやすくなるなど、やはり負担が増えやすくなります。
避けられるのならこれら時期も避けるのもおすすめです。

ただし、これら時期に重なるのがNGというわけではありません。
そのタイミングで会社設立するのが一番いいならそこで起業するのもおすすめです。
このように会社設立年間いつでも問題はなく、この時期でないといけないということもありませんから、自分が手続きするのが自然なタイミングでやるといいでしょう。