会社設立後は営業が重要な理由

会社設立

会社設立後にやらなくてはならないことは沢山あります。
しかし、やはりその中でも重要なのが営業なのではないでしょうか。
営業というのは、その会社や企業の商品・サービスを売り込むことです。
会社設立時というのは、いわば何も持っていない赤ちゃんのような存在となります。
飲食店で例えるとわかりやすいですが、名店と呼ばれる老舗は実績も経験も豊富なので、安定した顧客を確保することができます。
しかし、逆に開業したばかりの店であれば、実績も経験もないため、やはり顧客も他の店に流れてしまうことが多くなるでしょう。
会社でも同じようなことが言えます。
設立したばかりの時には、やはり他の実績や経験のある企業にはなかなか太刀打ちできません。
それを打開するためにはどうすれば良いのかというと、営業で売り込むしかありません。
他の企業に訪問してプレゼンしたり、会議に通してもらったり、商談したりすることが必要となってきます。

営業によって商品やサービスの良さが伝われば、そこでようやく固定した顧客を集めていくことができるようになります。
特に商品やサービスを定期的に使ってくれる顧客が見つかれば、事業も安定します。
そこからさらに他の商品・サービスの営業を仕掛けるなど、色々と戦略も立てていくことが可能となるでしょう。
つまり、会社設立後の営業が命運を分けていくと言っても過言ではありません。
しかし、営業をするとは言っても、どのように営業を行っていくかが重要です。
例えば、いきなり「我が社の商品・サービスを買ってください」と言っても、大抵の場合は断られることが多いでしょう。
その商品・サービスの何が良いのかという点を理解させることが最初のステップです。
そのためには、優秀な営業マンが必要となります。
営業に関して経験豊富な人材がいれば、より営業もスムーズです。

ただ、例外としては商品やサービスの魅力がそもそもないという場合もあります。
日本ではどのような商品やサービスが売れるのか、正直予測できません。
意外なものが売れるし、意外なものが流行ります。
そのため、根強く営業を行っていくことによって、まずは実績と経験を作っていくことが必要となるのです。
もちろん、営業開始日までにも準備を進めていくことは重要です。
営業開始をする前に、人材の確保などもより行っていくことが必要となるでしょう。
その上で、上手に営業を進めていくようにしてください。

会社設立年間いつでもいい?

会社設立01

会社設立する時期について気になっている方もおられるでしょう。
会社設立年間いつでもいいのか、ご紹介していきます。

これについては基本的にいつ会社設立してもOKです。
年間のこの時期でないと手続きができないといったことはありません。
春夏秋冬のいつでも、年間で自分が会社設立したいと思う時期があればそちらで手続きをするといいです。

ただ、基本的に年間いつでもいいのですが、曜日単位、週単位では不向きなタイミングがあります。
会社設立の手続きは公証役場や法務局などの役場の窓口で行います。
こちらは基本的に土日や祝日はお休みとなるのが基本です。
会社設立の時期は年間いつでもいいのですが、具体的に手続きをするときは平日の開庁時間内で手続きをするようにしてください。

これは週単位で見たときも同じです。
GWや年末年始など、週単位でお休みとなることもありますよね。
このときもやはり会社設立の手続きを進めるタイミングとしては不向きです。
実際に手続きをしようにも公証役場も法務局も閉まっているため手続きができないのですね。

このように年間いつ手続きをしてもOKですが、これから手続きをしようと思ったときは、その時期の近くにある土日祝日、大型連休などには注意してください。
もしこれら時期に重なったら、そのお休みの日がすぎた最初の平日に手続きができます。
このように多少の調整が必要な場合もありますが、基本的に会社設立年間いつでもOKです。

そして手続きに向いているタイミングがあるならそれが知りたいですよね。
どの時期でも手続きはできるものの、この時期が会社設立に向いているといったタイミングはあるでしょうか?

落ち着いて会社設立ができるのは自分が選んだ業種の繁忙期を避けた時期です。
繁忙期に重なると自分もかなり忙しくなりやすいですし、新規取引先の開拓をするときにも相手が忙しすぎてあまりうまくいかないこともあります。
その業種の繁忙期を避けて設立すると落ち着いて起業できますよ。

また、2~4月など世間的に人や企業がよく動く季節に重なって会社設立すると、手続きのための移動や、手続きする窓口などが混みやすくなるなど、やはり負担が増えやすくなります。
避けられるのならこれら時期も避けるのもおすすめです。

ただし、これら時期に重なるのがNGというわけではありません。
そのタイミングで会社設立するのが一番いいならそこで起業するのもおすすめです。
このように会社設立年間いつでも問題はなく、この時期でないといけないということもありませんから、自分が手続きするのが自然なタイミングでやるといいでしょう。

会社設立するにあたって決算日・決算期はいつにすれば良いのか?

会社設立

会社の決算日・決算期をどうしたら良いのか、会社設立するにあたって疑問に感じたり悩んだりする方も少なくありません。
その為、一般的に3月決算で決算日は3月31日が多いので、特に考えることなく決算日・決算期を決めてしまうケースもあります。

しかし会社設立するにあたって決算日・決算期は、よく考えて決めた方が経営上好ましくて節税にもつながるのです。
ちなみに会社の決算日については、3月決算で決算日を3月31日にする必要はなくて、12月決算で12月31日を決算日にしても良いですし、2月決算や8月決算でも問題ありません。
つまり、会社設立する際に会社に合った決算日を自由に設定することが可能で、それに伴い決算期を設定できるのです。
ただ20日など月末以外の日を決算日にすると、法律の適用時期などがややこしくなってしまうので、決算月は何月でも良いですが決算日は月末に設定するのが無難と言えます。

では会社設立するにあたって決算日・決算期は、どのようなことに注意して決定したら良いのでしょう。
まず決算期の2ヶ月後には法人税・法人住民税・消費税などの税金を確定申告して納める必要があるということを意識することです。
ですから決算月を決める時は、売上の入金が少ない月・仕入れの支払いが多い月・従業員にボーナスを支払う月など、会社の資金繰りが厳しい月に納税月がぶつからないようにします。
つまり、お金に余裕がない月の2ヶ月前と8ヶ月前を決算日・決算期にすることは避けた方が良いのです。

また、決算日から2ヶ月後の税金申告するためには、手間と時間がかかる決算業務があるので、この時期が会社の忙しい月と被らないように配慮することも必要になります。
それから業務内容にもよりますが、決算日には材料・商品・製品といった棚卸資産・在庫に関してチェックする棚卸をしなければならないのです。
この棚卸作業が業種によっては手間がかかる大変な仕事になる可能性があるので、決算月を決定する時には在庫が多くなる月は避けると良いでしょう。

会社設立するにあたって決算日・決算期を決める時には、消費税の納税義務の免除期間を長く取るようにすることも大事です。
実は会社設立した時の資本金が1,000万円未満の会社については、設立して1期目と2期目の消費税の納税義務が免除されます。

しかし、ここでポイントになるのが、設立して2年間ではなくて設立して2期間というところで、その為設立1期目ができる限り12ヶ月間に近づくように設定すると恩恵が大きくなるのです。
この点も含めて経営上好ましくて節税にもつながるように、決算日・決算期を決めることをおすすめします。

自分での会社設立と専門家とを比較

会社設立の手続きは自分でやることも十分に可能なのですが、これを請け負っている専門家もいます。
そちらに頼めば、自分で手続きをしなくても、希望通りの会社が完成します。
どちらも結果は同じですが、これらを比較すると、どのような違いがあるのでしょうか?
続きを読む 自分での会社設立と専門家とを比較

自分で会社設立するときのスケジュール

すべて自分で会社設立の手続きをやってみるとき、すべての手続きが終わるまでのスケジュールはどれくらいになるのでしょうか?
目安となる期間がわからないと、予定が立てられませんよね。
このスケジュールについて、2週間ほどが標準です。
長くても1か月ほど期間があれば、会社を自分で作れることも多いでしょう。
続きを読む 自分で会社設立するときのスケジュール

自分でやる会社設立手続き

自分で会社設立したいとき、自分でどんな手続きをすればいいのでしょうか?
これは公証役場や法務局まで所定の書類を届け出るのが基本的な手続きになるものの、自分ですべての手続きをやるなら、まずはその書類作りから始めないといけません。
特に大事なのは、定款です。
続きを読む 自分でやる会社設立手続き

自分でやる会社設立、電子定款とは

会社設立の手続きで必ず必要になるのが、定款という書類です。
この書類について、電子定款という種類もあることを知った方も多いのではないでしょうか?
こちらにすると収入印紙が必要なくなるため、費用が4万円安くなります。
自分で手続きをする際、ぜひこちらにしたい方も多いでしょうが、この電子定款とはどんなもので、どうやって作るのでしょうか?
続きを読む 自分でやる会社設立、電子定款とは