自分でやる会社設立、電子定款とは

会社設立の手続きで必ず必要になるのが、定款という書類です。
この書類について、電子定款という種類もあることを知った方も多いのではないでしょうか?
こちらにすると収入印紙が必要なくなるため、費用が4万円安くなります。
自分で手続きをする際、ぜひこちらにしたい方も多いでしょうが、この電子定款とはどんなもので、どうやって作るのでしょうか?

電子定款とは、一言でいうと、定款の電子文書のことです。
作る形式を電子式にしただけで、こちらにしたからといって、文書の内容が変わるわけではありません。
現在ではこれら文書はPCで作るのが基本になっており、電子文書の方がなじみ深い方も多いでしょう。
その上、こちらにすると収入印紙が必要なくなり、会社設立費用も4万円安くなるなら、言うことなしですね。

ただ、ここでいう電子定款とは、テキストアプリ等で作った電子文書データのことではありません。
自分で電子定款を作るときには、条件によく注意してください。
電子定款というために必要なのは、PDF化することと、電子証明をつけることです。
定款をPCで作る段階ではテキストアプリを使用する方がほとんどだと思いますが、そのままではまだ編集ができる状態ですよね。
それでは定款の内容が書き換えられる可能性があるため、それ以上の編集ができないPDFファイルに変換しないといけません。

さらに、この文書には電子証明をつける必要があります。
電子証明とは役場で発行される電子式の本人証明データで、マイナンバーカードを使って受け取ります。
これを特定の機器を使って読み込み、それを今作っている電子式の定款に添付して、ようやく電子定款の完成です。

特に知っておきたいのは、電子定款とは、ただPCで作ったものではないことですね。
最後の仕上げとして、PDF化や、電子証明の添付などが必要になるため、自分でこれを作るためには、特定の環境が必要です。
また、マイナンバーカードなども持っていた方がスムーズです。
自分で手続きをするため、これら環境を整えるのが難しければ、紙の定款で作った方が早いこともあります。