自分で会社設立するときの費用

自分で会社設立するとき、かかる費用はいくらになるでしょうか?
これはおおむね、会社設立のための最低費用ほどになることが多いですね。
そのため知っておきたいのは、会社設立で必ずかかる費用です。

株式会社の場合で24万2000円ほど、合同会社の場合で10万円ほどです。
まず株式会社の場合ですが、これの内訳は登録免許税15万円、定款の認証手続きにかかる手数料5万円、定款の謄本手数料で約2000円、定款に貼る収入印紙4万円となっています。
合同会社の場合では、内訳は登録免許税6万円、定款に貼る収入印紙4万円となります。

登録免許税とは、会社設立の最後の手続きとなる登記で必要になるお金のことです。
一種の手数料だと思っておけばOKです。
他の名目に比べて比較的高額な支払いになりますから、よく確認しておきましょう。

次に定款に貼る収入印紙とは、特定の文書を作ったときに必要になる有料の証書となります。
見た目が切手にそっくりですから、特定の文書を作ったときは、指定の金額の収入印紙を切手のように貼らないといけないのだと覚えておくといいでしょう。
会社設立の場合、定款がその指定文書となり、必要な金額は4万円となります。

そして株式会社のときだけ必要になる、定款の認証手続きの手数料とは、公証役場というまた別の役場で、定款を確認してもらうときの手数料です。
この手続きは株式会社を作るときのみ必要になるため、合同会社では必要ない費用となります。
ここで定款の謄本をもらうため、手数料として約2000円ほどかかります。

これら各種の最低費用を合計し、株式会社の場合では24万2000円ほど、合同会社の場合では10万円が必要になるでしょう。
ちなみに、定款の収入印紙は電子定款を作るといらないとは、よく言われることです。
これはその通りなのですが、自分で電子定款を作るのは、紙のときよりも準備物が多く、自分ではできない場合があります。
専門家に頼むと電子定款も簡単に手に入りますが、その代わりに依頼料がまた別にかかりますから、総額ではあまり変わらないことも多いです。
そのため、自分で会社設立するときの費用は、株式会社の場合で24万2000円ほど、合同会社の場合で10万円ほどになるのが基本です。